活 动 当前位置:首页-> 活动  
中国当代名家の霍春陽書画芸術展覧会は8月7日に日本東京にて開催
来源:中国カルチャー人物   2018年08月09日04:42


「中日平和友好条約締結の40周年記念ーー中国当代名家霍春陽の書画芸術展覧会」が8月7日から12日に亘って、日本東京銀座中央美術館にて開催される。
中国カルチャー人物編集長王保勝/撮影?報道



《中国カルチャー人物》雑誌霍春陽2018特集日本語版

 

中国芸術研究院の博士指導先生、中国美術院の研究員、天津美術学院美術館の館長霍春陽は、我が国精神を表現して花と鳥を絵にする伝統画の中で、一番代表者の一人である。半世紀以上の芸術家生涯には、彼は中国文人絵の伝統に心を惹かれ、中華の優秀な伝統文化から学術や文化の栄養を吸い込み、中国文人絵精神の復興に専念している。



<莲の花は言叶です>   77.8×44.4cm  霍春陽作品



<静かな蓮の花は、埃がない>  45×79cm  霍春阳作品
 


<清池が香る> 霍春陽作品



<筆を出して山には足がない> 霍春陽作品



<緑の池は艶がある> 霍春陽作品


 
<西湖化粧> 霍春陽作品



<陰気に秋を欲する>  70x48cm   霍春陽作品



<あざを出して染まらない> 38×42cm  霍春陽作品
  


<初めに浴> 
78×44cm  霍春陽作品



<晴露と珠> 
78×45cm  霍春陽作品



<微根の波> 
42×37cm  霍春陽作品


 
芸術実践の中で、彼は「人の心を洗うこと」を創作の宗旨をし、「中和の境界、歪むことなし中和最高」の君子の気概を追求し、虚ろの中の静かさから誕生する芸術の境地を心を打ち込んで追求している。



<桃の花は春の色が暖かい> 霍春陽作品

 

<赤い花が咲いている最中、春の庭が賑やかで、岸辺の桃の花も、波のように風と揺れる> 霍春陽作品

 

<紫雪の春風> 霍春陽作品



<静かな水を味わい、春が生まれる> 霍春陽作品



<繁栄の花陰> 
70×48cm  霍春陽作品



<春は国の色が多い> 
49×40cm   霍春陽作品



<国はきれいだ> 
35×42cm   霍春陽作品



<この物は無価の疑いがある> 
65×35cm   霍春陽作品



<クレンジング素> 
 43×78cm   霍春陽作品



<描きにくい牡丹>  
55×58cm   霍春陽作品



<赤みのはじめに露香が新> 
54×55cm   霍春陽作品



<一品香り> 
45×45cm   霍春陽作品



<雨後のボタンは春が長い> 
 48×38cm   霍春陽作品



<雲が着物をやりたい> 
45×57cm   霍春陽作品



彼の絵は淡さに濃さを隠れ、シンプルなもので複雑を隠れ、疎らなもので茂げを隠れ、軽さで重さを隠れ、絵への思考を哲学の高さまで上げ、境地は高くて遠く、当代の「逸品」と呼ばれる。

 

《幽意》  霍春阳作品

 


<天地の中で静かになれる、名誉と金は人に多忙させる> 霍春陽作品



<自然は自分の順番がある>  霍春陽作品



<晴れな風と暖かい緑> 霍春陽作品


 
<落ちる花は言葉がない>  霍春陽作品

 

<神を徒とする> 霍春陽作品

 

<緑で風を捕まえ> 霍春陽作品

 

<謙虚な心を持つ> 霍春陽作品

 

<竹石図>  霍春陽作品



<竹>  霍春陽作品



<竹>  霍春陽作品



<叫んだ雨> 霍春陽作品



<筆の風味を先生にして>
   37×52cm   霍春陽作品


 
霍春陽はずっと天津美術学院国画学部に務め、芸術教育活動の中で、彼は「絵の以外の努力」を磨きべしを強調し、「人柄は絵の品格、絵の品格は人格」を強調しながら、心と体の一体化を強調し、技術と芸術、内容と形、テーマと手法など色んな面での統一を強調している。

 

<繁栄な花陰>  霍春陽作品

 

<画の境地> 霍春陽作品

 

<水色が緑の涼しい秋> 霍春陽作品

 

<秋風墨菊> 霍春陽作品



<若叶は细かい话をする> 霍春陽作品



<みる> 霍春陽作品


 
中華の美学精神はマルチ文化のブームから衝撃を受け、異質化の脅威に直面した際に、彼は当代花鳥絵の苦境を診断し、「春陽九弁」を発表し、哲学の知恵で当代の中国絵の継承と革新の濃霧を切り抜け、文化の続ける力を作り上げ、文化面の自信力を引き上げ、世間離れのような心境で世間を越え、「天と地のために心を捧げ、世間のために命を捧げ、往復の聖人たちに絶学を続け、未来万代のため平和に導く」の社会事業をしていた。

 

<筆の風味を先生にして>  
  45×45cm   霍春陽作品
 
 

<筆の風味を先生にして>    45×45cm   霍春陽作品

 

<金色の秋の味わい>
  70×46cm   霍春陽作品



<繁栄の花陰> 
 70×48cm   霍春陽作品



<霜があって熟れている> 
70×46cm   霍春陽作品



<秋が来て世界は平和な繁栄になる> 
70×46cm   霍春陽作品



<新緑色展風> 霍春陽作品



<菜の花はますます魅力的になる> 
69×34cm   霍春陽作品



<露には香が含まれる> 霍春陽作品



<露葉氷丸> 
42×38cm   霍春陽作品



<世界で一番香ばしい>  
40×80cm   霍春陽作品
 


中国芸術研究院の博士指導先生、中国美術院の研究員、天津美術家協会の副主席、天津美術学院美術館の館長、有名な花鳥画家、霍春陽は当代中国画壇の逸品である。彼は伝統を守り、中華美学精神の継承と宣伝に専念し、静寂な心を持ちながら深い思いで自分を磨き、知恵?哲学?感情?行為の統一を実現した。
 
 

<酔っ払った秋>  霍春陽作品
 
 

<雲が月に隠れて影を落とす> 霍春陽作品
 
 

<無日春風> 
69×34cm   霍春陽作品



<優雅を味わう> 霍春陽作品
 
 

<花の中で最初の枝> 
46×43cm   霍春陽作品



<世界で一番香ばしい>  
 43×43cm   霍春陽作品



<骨にないて芳しい>
   33×34cm   霍春陽作品



<ひそかに香りがする> 霍春陽作品
 


<天地の間でさっぱりな空気が満ちている> 
139×64cm   霍春陽作品



<風味絶好> 霍春陽作品
 


<青い緑の山を、遠くから見る> 霍春陽作品
 


霍春陽は伝統文化を深く掘り、「無」の心でシンプルな生活を送り、「余計なことを言わなく、静かな心を得る」の状態を求める。「天地のために心を捧げ、人間のために命を捧げ」という事業心を持ち、天と人の一体化を実現し、素朴な初心に裏切らない理念を持っている。
 
 

<中庸(さん)> 霍春陽作品
 
 

<中国書道での美学思想>霍春陽書道作品
 


<李白?酒を飲もう(一部分)>霍春陽書道作品
 


<初月楼論書随筆> 霍春陽作品
 


<体を形にしなければならない> 霍春陽作品
 


<荘子?知北旅行> 霍春陽作品
 


<中国の書道芸術の性格> 霍春陽作品
 
 

<王維?山別居の秋>  霍春陽書道作品
 
 

<于右任標準草書道> 霍春陽書道作品
 
 
 
<文の心>  霍春陽書道作品 

 

国際文化交流の中で、霍春陽は何回も日本、アメリカ、フランス、ドイツ、ベルギー、オーストラリアなどの国に行って、講座を開き、訪問をし、絵展を行い、アートを橋にし、中国の優れた伝統文化を宣伝するため、中国文化は世界舞台で活躍するのため、自分の知恵と力を捧げていた。 



       中国カルチャー人物(編集長 王保勝)は中日平和友好条約締結の40周年を記念するために、日本国外務省、駐日中華人民共和国大使館文化部、日中友好議員連盟、日本中国友好協会、日中経済協会、日中友好会館、日中文化交流協会、日本国際貿易促進会、国際芸術家連盟、全日本書道連盟、全日本華僑華人連合会、中国書法学院と日本勝佳にサポートされ、日中文化交流促進会、 中国カルチャー人物雑誌社、世界新聞連盟、東京銀座中央美術館に主催され、 中国カルチャー人物雑誌社に引き受けされる「中日平和友好条約締結の40周年記念ーー中国当代名家霍春陽の書画芸術展覧会」が8月7日から12日に亘って、日本東京銀座中央美術館にて開催される。
       中日両国は一衣帯水であり、文化においては共通点が沢山存在している。中国書画は中国伝統文化を受け継ぐ重要なキャリヤーであり、中国が日本などの東アジア諸国と文化交流するための絆でもある。
       中国芸術研究院の博士指導先生、中国美術院の研究員、天津美術学院美術館の館長、天津美術家協会の副主席霍春陽は、我が国精神を表現して花と鳥を絵にする伝統画の中で、一番代表者の一人である。半世紀以上の芸術家生涯には、彼は中国文人絵の伝統に心を惹かれ、中華の優秀な伝統文化から学術や文化の栄養を吸い込み、中国文人絵精神の復興に専念している。
       芸術実践の中で、彼は「人の心を洗うこと」を創作の宗旨をし、「中和の境界、歪むことなし中和最高」の君子の気概を追求し、虚ろの中の静かさから誕生する芸術の境地を心を打ち込んで追求している。彼の絵は淡さに濃さを隠れ、シンプルなもので複雑を隠れ、疎らなもので茂げを隠れ、軽さで重さを隠れ、境地は高くて遠く、画家の深い文化修養を示し、中国絵の芸術精神と伝統哲学思想への深い思いや独特な理解、生活へ理解のも示し、当代の「逸品」と褒められている。
       霍春陽はずっと天津美術学院国画学部に務め、芸術教育活動の中で、彼は「絵の以外の努力」を磨きべしを強調し、「人柄は絵の品格、絵の品格は人格」を強調しながら、心と体の一体化を強調し、技術と芸術、内容と形、テーマと手法など色んな面での統一を強調している。中華の美学精神はマルチ文化のブームから衝撃を受け、異質化の脅威に直面した際に、彼は当代花鳥絵の苦境を診断し、「春陽九弁」を発表し、哲学の知恵で当代の中国絵の継承と革新の濃霧を切り抜け、文化の続ける力を作り上げ、文化面の自信力を引き上げ、世間離れのような心境で世間を越え、「天と地のために心を捧げ、世間のために命を捧げ、往復の聖人たちに絶学を続け、未来万代のため平和に導く」の社会事業をしていた。
       国際文化交流の中で、霍春陽は何回も日本、アメリカ、フランス、ドイツ、ベルギー、オーストラリアなどの国に行って、講座を開き、訪問をし、絵展を行い、アートを橋にし、中国の優れた伝統文化を宣伝するため、中国文化は世界舞台で活躍するのため、自分の知恵と力を捧げていた。
       2018年は中日平和友好条約を締結してからの40周年目として、両国関係の改善と発展は引き続き重要な機会を与えられている。中日平和友好条約の締結40周年を記念し、「ともに平和的発展を促し、世代友好を実現させること」を進み、中日両国の民間文化交流という伝統を受け継ぎ、両国の芸術家のために友好交流のプラットフォームを築くために、中国当代名家の霍春陽書画芸術展覧会は書画芸術作品の展示と文化交流を通して、両国国民の相互理解と友情増進のために積極的に役割を立てる同時に、新たな情勢における中日関係の更なる改善と発展の推進に寄与している。(
中国カルチャー人物
 
       霍春陽、1946年に河北清苑県で生まれた。1969年に天津美術学院を卒業し、また教員として同校で今まで教職に就いている。天津美術学院中国画学部長や教授を歴任。中国芸術研究院の博士指導教授、天津美術学院の修士指導教授、天津美術学院美術館館長、中国国家美術院研究員、中国美術家協会会員、中国書道家協会会員、中国画学会創会理事、中国国家画院高級研修クラス教授、天津美術家協会副主席、天津文史館館員、天津美術院外部画家、天津市美術家協会花鳥絵専門委員会会長、天津中国画学会会長。1992年、政府より特別手当を授与される。1997年は中国文化協会から「中国画壇の百人」に選ばれた。
       『新文人画家作品選集?霍春陽作品集』『霍春陽の花と鳥』『中国現代名家の絵作品集?霍春陽』『名校名師?霍春陽の写意花鳥』のほか、2010年に霍春陽書道作品集の『昭遠堂書迹』など多数の著作と作品集が出版された。
纪念改革开放40周...
【查看详细】
丝路文明——国际女...
【查看详细】
丝路艺蕴:中欧女性...
【查看详细】
中华文化是讲好中...
【查看详细】
用指挥棒奏响中国...
【查看详细】
拓展传统艺术新维...
【查看详细】
新华网 | 人民网 | 中国新闻网 | 凤凰网 | 中国文化报 | 中国新闻周刊 | 中国政府网 | 搜狐网 | 腾讯 | 新浪 | 网易 | 央广网 | 央视网 | 中国日报
首页 | 关于我们 | 供稿服务 | 版权声明 | 资源合作
中国名家新闻网 版权所有 © 2008  技术支持:龙拓LONTRO